Yes, Deaf Can!はスタッフを募集しています。
みなさんで、一緒に目で見える援助をしていきませんか?

興味のある方は是非連絡をください。
お待ちしております。

この間の講演に来てくださった方々、平日また駅から遠い会場であったにもかかわらず御足労いただきまして有難う存じました。

まずJICAボランティア時代の活動内容、そして日本大使館からの援助で建てることができた職業訓練校内でのお仕事をお話しさせていただきました。

2017年8月9日(水)

ボランティア時代とは全く異なる仕事の内容に責任を感じていること。持続的に人を育てていくのは本当に大変だということをお話しさせていただきました。

また、ドミニカ共和国のろう者たちがカーウォッシュして10ペソ(25円)稼いでる様子、またスラム街に住んでいるろう者が家の前に小さい屋根を作り、そこで靴修理屋を開いたりなどなど、がむしゃらに仕事している姿、必死に生きている姿をまとめた動画を観ていただきました。

講演終了後、たくさんの方々から
仕事が嫌になったからといって、すぐ転職を繰り返していた自分が甘かった。
ガツンとやられたよ。何か私にできることある?お手伝いしたい!

などなどいろいろ言ってくれました。
嬉しかったです。

ただいまー!!!ニッポン!
廣瀬芽里氏・講演会

動画を流している間、涙ぐんでいる方々を見ると私も思わず胸が詰まってしまいました。